答えなど求めていないし答えなどみつからない

社会は個人を歯車に

地位ある人は他人を駒に

地位なき人は他人を自分と同じ駒に

・・・しようとする

 

上記の意図(傾向)を検知したとき

大概は世間的で世俗的で牧歌的な人たちと会話している場面における出来事なのだけど

一気に

臭み

を感じてしまう。

 

その個人にとって何が幸福であるのか?

そういった視点で意見が述べられている場面に遭遇する機会はほとんどない。

 

異なる文化圏の人なんだよ

世間のおじちゃんおばちゃんおじーおばーちゃんは・・・さっ!

 

その人個人に着目した意見なんて誰も言っていないよね。

 

本当の意味で当該個人の幸せを考えるのは

当人

あるいはせいぜいその家族、親友ぐらいなのだろうな。

 

 

・・・ ・・・

緩やかな時間の流れ。

断末魔の叫び声を上げる時はきっともっと緩やかかもしれない。

1分が10時間に感じるぐらいに。

そんなことを考えてみたって仕方がないのだよ、明智君。

 

さて、今夜は何を食べよう?

 

(゚¬゚*)

 

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

応援(下のバナーをクリック)してくれたら更新の励みになります。

もしよかったらよろしくお願いします(*ノωノ)☆

 

 

▼一日一回クリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサー

 

Pocket