雲の上の病院

今秋は病院へ通いまくっている・・・

多い時は週に3回程も…。

 

重い病気を患っているわけではないんだ

今までいろいろな症状を放置していたので一気に通って一気に解決を図ろうとしているだけなんだ…。

(ここでは詳しく書かないけれど、本当に些細な病気です。病気っていうほどでもない…)

 

そんなでも

そんな些細な病気のための通院でも

辛い。。

 

かすかに紅葉が始まっているんだなぁ

の景色を少し抜けると大きな病院がある。

自然美‥綺麗な葉っぱの風景に続く、癖のないシンプルな建物。

建物も内装も、古びた感じではなく全体的に小綺麗。

この病院で働く人たちはいい人ばかり。

受付の人も看護師も医師も‥揃いも揃って皆、親切で丁寧。

インフォームドコンセントもばっちり。

……にもかかわらず、帰る時には生気がなくなっている自分がいる……。

 

 

あのを抜ける時に思う。

ここは雲の上なのではないかな?と…。

 

なんなのだろうね?

当たり前なんだけど

不謹慎なことを言うけど

病院には面白さや遊び心がない。

 

面白さを追求されたり、遊び心(芸術)を爆発させて

クリエイティブな執刀をされたらたまったものじゃないんだけどさ…

 

とはいえ、現世には当たり前にある面白さ・遊び心がそこにはないようで…

それが私の恐怖心を煽る。。

 

…… 雲の上には

芸術神がいなかった。

 

 

通院は後少し!

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

応援(下のバナーをクリック)してくれたらブログ更新の励みになります。

もしよかったらよろしくお願いします☆

 

 

▼一日一回クリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサー


Pocket