老後の計画ってさ

友人たちと将来のビジョンについて話していた時

老後の計画がしっかりと組み込まれている、

あるいは老後について懸念を持っている人が多いことに気付いたw

↑今さらw

 

老後

 

老後・・・かぁ・・・。

わりと最近父方母方両方の祖父が亡くなった・・・。

祖母は健在。

 

老後って一体何才からが老後なのだろう?

 

間違いなく親の親が老後を迎えていることはたしかなのだけど・・・

我が親族に限ったことなのだけど・・・・・・

ボケたりしたわけじゃない。

大きな病を患った者もいない。

で、長寿・・・☆彡

 

人は老後についていつからどのぐらい考えればよいのだろうね?

 

体が不調がちになり容色が衰え頭の動きが鈍化する

老後・・・

考えれば恐怖心しか生まれないわけだけど・・・

・・ただ そんなことより

果たして老人になるまで私は生きているのだろうか?笑

真面目に疑問なんだよね・・・これ。。

 

脳のスペックオーバーにつき

長期的な見通しが立てられないだけなのだろうか?

 

・・せいぜい10年、15年後のことを考えるので精一杯なのだけどな・・・。

 

それともネガティブな性格がなせる業なのだろうか?

老後について考えるなんてなんだかおこがましい気さえしてしまう。

 

老後

私にもみんなにも訪れるのかな?

そしてそれは今から計画しておくべきものなのかな?

 

 

・・・あ・・・

計画しておきなさいっ!

っていう説教はいらないからねww

念のため笑

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

応援(下のバナーをクリック)してくれたら更新の励みになります。

もしよかったらよろしくお願いします(*ノωノ)☆

 

 

▼一日一回クリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

 

【記事いろいろ】

・金曜日

・自分自身を盲目に

・たまる内職の仕事

・書類紛失

・集団的爆音異臭

・3連休なのか

・食べるために

・直感に従う

・花粉症に苦しむ

 


スポンサー

 

Pocket

“老後の計画ってさ” への6件のフィードバック

  1. 老後のことなんてまったく考えてませんね☆
    そもそも老後って肉体的にもできることって限られてくるから
    考えても何もしようがないような…..

    みんなは老後の計画を立てて一体何をするのでしょうかね??

    1. 砂丸さん、こんばんは☆

      そうなのですね!!
      私と同じですね笑

      みんなが立てている老後の計画は、老後人生が楽しく亡くなった時に楽しく感じられそうな要素(家族など)を用意しておくとか、体に不調をきたした時のために様々な保険(貯蓄、人的関係を築く、保険に入る等々)をかけておくとか・・・そういう感じです。

      ありがとうございます(^-^)☆

  2. itukaさん こんばんは(^O^)/

    これから老後に突入するおせっかいじいです(/ω\)
    itukaさんの年齢ですと、10~15年後を考えるくらいで十分だと思います。それ以上に先のことを考えても今の世の中は、この先の進化(変化?)がまったく読めない状況ですからね~|д゚)
    おせっかいじいは、30代ころから60歳以降は働きたくないとの気持ちがあり「絶対60歳で仕事はやめよう」と決意し、どうしたらよいかと考え始めたころですね。
    40歳から30年の資金形成をエクセルにて作成し始めたのを記憶しています(^_-)-☆
    まー、早いうちに先々まで考えてどういうことをするかを計画し、行動ができることが重要な要素ではありますが、所詮人生はなにが起こるかはわかりません。
    心配性の人は、精神安定剤として先々のことを熟慮しての前もっての準備は大切ですが、そこまで考えるより日々臨機応変に対応できる能力を身に着けることができれば、それなりに気が付くし対応できるようになるでしょう(*^_^*)
    逆に言うと、おせっかいじいは、itukaさんくらいの年齢のときが一番迷いの時で、日々考え方が変わっていて、進み方が見えなくて、優柔不断の典型のように生きてましたね(/_;)
    でもそういったことは無駄にはなっていないので、それはそれで良かったと思っています。
    とりとめのないお話になってしまいましたが、人間は迷いの中に生きているってことですかね?

    1. おせっかいじいだぜさん、こんばんは☆

      早期の資産形成プランすごいですね(*^^*)
      ”60歳以降は働きたくない”
      60歳・・なんて遠い未来だろう・・・・・・。

      ”人生はなにが起こるかはわかりません 
      臨機応変に対応できる能力を身に着けることができれば”

      そうですね!
      このような視点も大切ですよね。

      計画と、いざという時に柔軟に対応できるか・・という能力、本当は兼ね備えているのが一番良いのだろうな~と思います。

      迷ったり悩んだりすることも大切なのかもしれないですね。

      ありがとうございます(*^^*)/

  3. イツカさん、こんばんは!

    先日、娘の小学校の入学式でした。
    小学校の生徒、一年生から六年生まで、みんなキラキラして希望に満ち溢れた顔をしていました。
    僕ら大人は、自分の老後なんかよりも、この子達の未来をより良いものにしていく努力をすべきなんだと思えました。
    それほどに、子供達はかわいく、純粋でした。

    自分の事だけを考えて老化していくだけならば、それはどんなに抗って形は整えても老いには勝てませんので、醜いと感じてしまうかもしれませんね…

    この子達のためにずっと頑張りたいですし、老後なんて区別なく、仕事していきたいです。という大人もいます。

    イツカさんの気持ちも分かりますが、というか分かろうとしてますが、老後まで生きてるかななんて言われると悲しいので、生きて欲しいですし、内職スキルアップ応援してます!!!

    1. 新Sさん、こんばんは☆

      ”自分の老後なんかよりも、この子達の未来をより良いものにしていく努力をすべき”
      素敵な発想ですね(*^^*)

      ”老後まで生きてるか”は楽観主義なのか悲観主義なのかわからない感じですが・・なぜか悪い意味ではなく前からそんな風に思ったりするのですよね・・・笑
      長寿家系だし特に病気持ちでもないのに・・なんだか不思議ですが・・・。

      ありがとうございます(*^^*)
      どんな生き方をするにせよ楽しくスキルも磨きつつ生きていきたいと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。